HOME>オススメ情報>企業の代わりに電話応対をしてくれる便利なサービスです
テレビ会議

代わりに応対してくれる

会社に電話がかかってきたら社員や本人が対応します。場合によっては全員がいなくて留守だったり営業時間外だったりするケースもあるでしょう。電話に出られないときは留守番電話にしておき、戻った後に電話をかけ返せばいいです。しかし、商談などの重要な話や急ぎの要件であればクレームに発展する可能性があります。契約が白紙になることもあり得るのです。そこで、出られない本人の代わりにオペレーターが話を聞くのが電話代行です。電話の内容を担当者に早くメールや電話で連絡します。応対に長けたオペレーターが対応してくくれるので事務員のような役割を持ちます。電話代行会社はインターネット上で多く見つかります。気になる会社があったら問い合わせてみましょう。オペレーターの対応を把握することで会社がどれ程信頼できるか分かります。申し込んだら実際に担当者と話をします。会社にあったプランを提案してくれますので、事前に会社概要の資料を用意しておきましょう。納得いくプランがあれば契約します。

仕事の効率が上がります

電話代行には色々なメリットがあります。まずは時間の有効活用です。会議中や書類を作成している時に電話がかかればその都度中断しないといけません。回数が重なれば作業効率が悪くなります。代行すれば電話応対に使っていた時間を他の業務に活用できます。特に消費者向けにサービスを提供している企業は電話応対をするスタッフが必要です。しかし、応対のスタッフを雇えば人件費がかかりますし1からの教育も必要です。電話代行サービスなら少ない経費で電話応対してくれます。会社の電話番号をそのまま使えるので変更する必要はありません。社員の人数が少ない会社にとても有効な手段と言えます。重要な内容も逃さないので、会社に起こるトラブルを軽減できます。オペレーターは熟練した電話応対のスキルを持っているので顧客へ好印象を持ってもらいやすいです。これが結果として会社の信頼につながります。

広告募集中